さらなる成長を求めて

INTRODUCTION
システム開発部
山田 健人Yamada Kento
Profile
2019年入社
電子情報技術科 卒業
教育機関関連のシステム開発業務等をしています。
ADVANTAGE

良いところをほめて相手のためになる教育が強みです。

私はシステム開発や採用活動等を経験しました。人がとても温かく、良いところは褒めてくれる環境があります。また、成長できる部分は、丁寧にアドバイスをくれます。

QUESTIONS

Q.もの創りをするうえでの、楽しさや困ったことは何ですか?

自分の創ったものが、想像していた通りに完成したときに楽しさを感じます。
一方で困ったことは、独自のプログラミングルールになじむのに時間がかかった事や、難しいプログラムを書く時に行き詰った事です。 そのような時には、先輩に聞いて解決します。先輩は後輩を「成長させたい」と思い、後輩も会社に貢献するため「成長したい」と思っています。 お互いにそのような意識を持つことで、信頼性を築けていると思います。

Q.もの創りをするときに意識していることは何ですか?

「きれいで、速く、丁寧に」を意識しています。スケジュール通り進めることや、後から他の人が見やすいように、簡潔で丁寧なプログラムに仕上げることに気を付けています。

Q.入社前と入社後の会社へのギャップはありますか?

企業説明会でのイメージ通り、仲が良く、優しく、温かい雰囲気でした。 仕事面でも、想像以上に幅広い分野のお客様とかかわる機会があるため、お客様のニーズに合わせたシステム開発をする中で、様々なことができて楽しいです。

Q.就職後を見据えて努力した方が良い事はありますか?

元々、大学でプログラミングを学んでいたため、就職へ向けての勉強はしていませんでした。 自分は同系統の職種に進んだため、比較的理解しやすいところもありましたが、初めて知る分野に一歩を踏み出すのは難しいと思います。 そのため、IT企業に興味がある方は、インターネットなどでプログラミングのことを調べて、少し理解をしておくと良いと思います。

Q.極上のもの創りとは?

お客様に寄り添って、相手が何を求めているのかを上手く聞き出し、その求められていることに新たな価値を加えたものを創ることです。

学生へのメッセージ

自分が好きになれる人と仕事をするために、直接会って話ができる説明会やインターンシップに、積極的に参加しましょう。参加することで自分と会社がマッチしているかなどがわかります。 私は、会社説明会で感じた、明るく、温かい雰囲気で、入社を決めました。

参加する